コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天文博士 てんもんはかせ

3件 の用語解説(天文博士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天文博士
てんもんはかせ

令制の中務 (なかつかさ) 省陰陽寮 (おんようりょう) に所属する職名。天文を観測し,異変があれば密奏し,また天文生 10人の教導にあたった。規定では正七位下の職であったが,のちには五位以上のものがこれに任じるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんもん‐はかせ【天文博士】

律令制で、陰陽寮に属し、天文の観測と天文生の教授とに当たった職。天文の博士

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんもんはかせ【天文博士】

律令制で、陰陽寮の職員。天文・暦数をつかさどり、また天文生を教授する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天文博士の言及

【天文道】より

…太陽,月,星,風,雲などの天然現象を観測し,その変異によって吉凶禍福を判断する術で,陰陽道(おんみようどう)と深い関係にある迷信的なものであった。日本には7世紀初頭に百済より僧観勒によって伝えられたのが最初とされるが,律令官制では中務省の被管の陰陽寮に天文博士1人を置いてそのことをつかさどらせ,また天文生10人に技術を伝授した。当時,天文に関する図書は関係者以外は見ることを許されず,また天文生は観測結果を他人にもらすことを禁ぜられるなど,厳しく規制されていた。…

※「天文博士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天文博士の関連キーワード陰陽寮暦の博士左弁官内礼司中務卿内薬司后の宮職主鑰岡見中務妻中務典侍

天文博士の関連情報