天文博士(読み)てんもんはかせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天文博士
てんもんはかせ

令制の中務 (なかつかさ) 省陰陽寮 (おんようりょう) に所属する職名天文を観測し,異変があれば密奏し,また天文生 10人の教導にあたった。規定では正七位下の職であったが,のちには五位以上のものがこれに任じるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

てんもんはかせ【天文博士】

律令制で、陰陽寮の職員。天文・暦数をつかさどり、また天文生を教授する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんもん‐はかせ【天文博士】

〘名〙 令制で、陰陽寮にあって天文気象を観測し、もし変異があればその情況と意味を上奏する官人。正七位下相当の官。また、部下に天文生一〇人をおく。天文の博士。〔令義解(718)〕
※今昔(1120頃か)二〇「天文博士〈略〉勘文奉れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天文博士の言及

【天文道】より

…太陽,月,星,風,雲などの天然現象を観測し,その変異によって吉凶禍福を判断する術で,陰陽道(おんみようどう)と深い関係にある迷信的なものであった。日本には7世紀初頭に百済より僧観勒によって伝えられたのが最初とされるが,律令官制では中務省の被管の陰陽寮に天文博士1人を置いてそのことをつかさどらせ,また天文生10人に技術を伝授した。当時,天文に関する図書は関係者以外は見ることを許されず,また天文生は観測結果を他人にもらすことを禁ぜられるなど,厳しく規制されていた。…

※「天文博士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android