コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成化学産業労働組合連合会 ごうせいかがくさんぎょうろうどうくみあいれんごうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合成化学産業労働組合連合会
ごうせいかがくさんぎょうろうどうくみあいれんごうかい

略称,合化労連。 1950年 12月に全国硫安工業労働組合連盟会 (硫労連) および全国過燐酸労働組合連合会 (全過連) が中心になり結成した産業別組合。 53年以降 26年間にわたり委員長をつとめた太田薫は,日本労働組合総評議会 (総評) の高野事務局長の政治主義に対抗して春闘方式を提起,58年には総評議長となり合化労連を基盤に春闘最盛期を築いた。しかし 1970年代以降の産業構造の変化や合理化問題,80年代の労働界再編・統一などで離脱が相次いだ。日本労働組合総連合会 (連合) に加盟。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

合成化学産業労働組合連合会の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広森一生

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android