コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川元経 きっかわ もとつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川元経 きっかわ-もとつね

1459-1522 戦国時代の武将。
長禄(ちょうろく)3年生まれ。吉川国経(くにつね)の長男。安芸(あき)(広島県)山県郡大朝(おおあさ)の国衆(くにしゅう)。管領代大内義興(よしおき)に属し,永正12年有田(ありだ)城の戦いに活躍。のち出雲(いずも)守護代尼子氏方に転じ,妻は毛利弘元の娘,妹は毛利元就(もとなり)の妻という重縁関係から,毛利氏を尼子氏にむすびつけようとつとめた。大永(たいえい)2年3月6日死去。64歳。通称は次郎三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉川元経の関連キーワード吉川興経妙玖長禄

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android