コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉武輝子(読み)ヨシタケテルコ

デジタル大辞泉の解説

よしたけ‐てるこ【吉武輝子】

[1931~2012]ノンフィクション作家・評論家。兵庫の生まれ。本姓、宮子。映画の宣伝プロデューサーを経て文筆活動に入り、平和や女性の人権などをテーマに執筆・講演活動を展開。市民運動にも積極的に取り組んだ。著作女人 吉屋信子」「置き去り サハリン残留日本女性たちの六十年」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉武輝子 よしたけ-てるこ

1931-2012 昭和後期-平成時代の評論家。
昭和6年7月27日生まれ。昭和29年東映に入社,36年日本初の女性宣伝プロデューサーとなる。41年から婦人・教育・労働・政治問題など幅ひろい分野で評論活動を展開。市民運動,女性運動にも参加した。平成24年4月17日死去。80歳。兵庫県出身。慶大卒。本名は宮子輝子。著作に「愛すれど孤独」「夫と妻の定年人生学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android