コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉永祐介 よしなが ゆうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉永祐介 よしなが-ゆうすけ

1932-2013 昭和後期-平成時代の検察官,弁護士。
昭和7年2月14日生まれ。東京地検特捜部にながく在籍し,ロッキード事件では主任検事をつとめ,リクルート事件では東京地検検事正として捜査指揮。平成5年東京高検検事長,ついで検事総長。8年退官,弁護士となる。平成25年6月23日死去。81歳。岡山県出身。岡山大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉永祐介【よしながゆうすけ】

検察官。岡山県出身。岡山大学法文学部卒業。1955年に検事(検察官)に任官。1968年に発覚した汚職事件の日通事件など,第2次世界大戦後の著名な疑獄事件(有罪・無罪の決定が難しい裁判事件のことで,特に政府高官などが関係する大がかりな贈収賄事件を指す)の捜査に従事した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

吉永祐介の関連キーワード検察官(法律)最高検察庁田中角栄検察庁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android