コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田奈良丸(3世) よしだならまるさんせい

1件 の用語解説(吉田奈良丸(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田奈良丸(3世)
よしだならまるさんせい

[生]1898.11.6. 和歌山,海草
[没]1978.11.12. 大阪
浪曲家。本名炭田嘉一郎。 12歳で2世吉田奈良丸に入門,一若を名のる。 1929年3世襲名。品格のある節調で『赤穂義士伝』を十八番にしたほか,坪内逍遙の『桐一葉』,行友李風の『幻滅の忠治』など新作も手がけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田奈良丸(3世)の関連キーワード和歌山県海草郡和歌山県海草郡紀美野町小畑和歌山県海草郡紀美野町田和歌山県海草郡紀美野町谷和歌山県海草郡紀美野町中和歌山県海草郡紀美野町中田和歌山県海草郡紀美野町西野和歌山県海草郡紀美野町野中和歌山県海草郡紀美野町長谷宮和歌山県海草郡紀美野町箕六

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone