コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田左門 よしだ さもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田左門 よしだ-さもん

1755-1822 江戸時代中期-後期の仏師。
宝暦5年生まれ。京都にでて三条の大仏師左京に入門。後継者となるようすすめられたが,郷里の陸奥(むつ)須賀川(福島県)にもどる。作品に市原多代女が所蔵した「芭蕉翁像」など。文政5年6月24日死去。68歳。本姓は矢吹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田左門の関連キーワードリスボンバセドウ宇田川榕菴忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android