コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田彦六郎 よしだ ひころくろう

2件 の用語解説(吉田彦六郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田彦六郎 よしだ-ひころくろう

1859-1929 明治-昭和時代前期の化学者。
安政6年生まれ。三高教授をへて,明治31年京都帝大教授となる。沢柳(さわやなぎ)事件の発端となった七教授のひとりで,大正2年辞職。ウルシの樹液中に酸化酵素の存在を推定。10年後フランスで確認され,ラッカーゼと命名された。昭和4年死去。71歳。備後(びんご)(広島県)出身。東京大学卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田彦六郎
よしだひころくろう
(1859―1929)

化学者。広島県福山に生まれ、1880年(明治13)東京大学理学部化学科卒業。1891年理学博士の学位を得、1896年第三高等学校教授を経て、1898年京都帝国大学理科大学第三講座(有機製造化学)教授となり、1913年(大正2)辞職。いわゆる沢柳(さわやなぎ)事件(京大事件)の発端となった7教授の一人。ウルシの化学的研究の先駆者で、ウルシ汁が空気中で硬化する機構を研究し、酸化酵素の存在を推定した(1883)。これは、10年後にフランスのG・ベルトランが研究し、命名したラッカーゼにほかならず、その発見者として今日評価されている。[道家達將]
『京大理学部化学・日本の基礎化学研究会編『日本の基礎化学の歴史的背景』(1984)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

吉田彦六郎の関連キーワード戦争文学光の科学史サトウ大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇シーボルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone