コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田甲子太郎 よしだ きねたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田甲子太郎 よしだ-きねたろう

1894-1957 昭和時代の児童文学作家,英米文学者。
明治27年3月23日生まれ。昭和7年明大教授。16年少年小説「負けない少年」,翻案長編「サランガの冒険」を発表。戦後は児童雑誌「銀河」の編集にくわわる。かたわら「源太の冒険」「兄弟いとこものがたり」などを発表した。昭和32年1月8日死去。62歳。群馬県出身。早大卒。筆名は朝日壮吉など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田甲子太郎
よしだきねたろう
(1894―1957)

英文学者、児童文学作家。東京生まれ。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。立教中学の教師を経て明治大学文芸科教授となる。1935年(昭和10)山本有三(ゆうぞう)の「日本少国民文庫」の編集に参加。一方、朝日壮吉のペンネームで外国作品の翻案小説を発表。『負けない少年』(1941)、『サランガの冒険』(1941)で作家としてデビュー。第二次世界大戦後も児童誌『銀河』や有三の国語教科書の編集に従いながら作品を発表。おもな作品には『兄弟いとこものがたり』(1948)、『空に浮かぶ騎士』(1956)などがある。[西本鶏介]
『『サランガのぼうけん』(偕成社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉田甲子太郎の関連キーワードアービング(Washington Irving)銀河(少年少女雑誌)スケッチ・ブック昭和時代小公子

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android