コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉益脩夫 よします しゅうふ

1件 の用語解説(吉益脩夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉益脩夫 よします-しゅうふ

1899-1974 昭和時代の精神医学者,犯罪学者。
明治32年7月11日生まれ。昭和31年母校東大教授となり,35年東京医歯大教授。日本の犯罪学の創始者といわれ,双生児研究による遺伝と環境の関係や犯罪生活曲線の研究で知られる。昭和49年7月14日死去。75歳。岐阜県出身。著作に「犯罪学概論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の吉益脩夫の言及

【犯罪学】より

…またランゲJ.Langeは双生児研究の手法を犯罪学に導入し,《運命としての犯罪》(1929)を著し,遺伝と犯罪に関する研究の道を開いた。日本にも吉益脩夫の研究がある。K.シュナイダーは精神病質を〈人格の異常のために自身が悩むか社会が悩まされるもの〉と定義し,その類型化を行った。…

※「吉益脩夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉益脩夫の関連キーワードエスキロール小此木啓吾内村祐之今村新吉植松七九郎江熊要一小田晋新福尚武宮本忠雄村松常雄

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone