コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉益脩夫 よします しゅうふ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉益脩夫 よします-しゅうふ

1899-1974 昭和時代の精神医学者,犯罪学者。
明治32年7月11日生まれ。昭和31年母校東大教授となり,35年東京医歯大教授。日本の犯罪学の創始者といわれ,双生児研究による遺伝と環境の関係や犯罪生活曲線の研究で知られる。昭和49年7月14日死去。75歳。岐阜県出身。著作に「犯罪学概論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吉益脩夫の言及

【犯罪学】より

…またランゲJ.Langeは双生児研究の手法を犯罪学に導入し,《運命としての犯罪》(1929)を著し,遺伝と犯罪に関する研究の道を開いた。日本にも吉益脩夫の研究がある。K.シュナイダーは精神病質を〈人格の異常のために自身が悩むか社会が悩まされるもの〉と定義し,その類型化を行った。…

※「吉益脩夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉益脩夫の関連キーワード犯罪心理学昭和時代