コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良富子 きら とみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良富子 きら-とみこ

1643-1704 江戸時代前期,吉良義央(よしなか)の妻。
寛永20年6月21日生まれ。上杉定勝の娘。万治(まんじ)元年結婚。上杉綱憲ほか4女を生む。元禄(げんろく)15年夫が赤穂(あこう)浪士に討たれたのちは,剃髪(ていはつ)して梅嶺院と称した。宝永元年8月8日死去。62歳。幼名は参(三)姫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

吉良富子 (きらとみこ)

生年月日:1643年6月21日
江戸時代前期;中期の女性。旗本高家筆頭吉良義央の妻
1704年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

吉良富子の関連キーワード生年月日吉良義央

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android