コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野せい よしの せい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉野せい よしの-せい

1899-1977 昭和時代の小説家。
明治32年4月15日生まれ。大正10年農民詩人の三野混沌(みの-こんとん)(吉野義也)と結婚,阿武隈(あぶくま)山地で開墾生活をおくる。昭和45年の夫の死後,山村暮鳥夫妻との交友記「暮鳥と混沌」を刊行。75歳でかいた「(はな)をたらした神」で49年田村俊子賞,50年大宅壮一ノンフィクション賞。昭和52年11月4日死去。78歳。福島県出身。旧姓若松

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉野せいの関連キーワード洟をたらした神昭和時代小説家三野

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉野せいの関連情報