コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

君島一郎 キミジマイチロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

君島一郎 きみじま-いちろう

1887-1975 明治-昭和時代の銀行家,野球史研究家。
明治20年4月16日生まれ。明治45年日本銀行に入行。検査役,調査役,文書局長などをへて,昭和15年朝鮮銀行副総裁。22-26年公職追放。のち友邦協会会長。明治時代野球草創期の資料を集め,昭和47年「日本野球創世記」をあらわした。昭和50年4月25日死去。88歳。平成21年特別表彰で野球殿堂入り。栃木県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

君島一郎の関連キーワード昭和時代銀行家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

君島一郎の関連情報