君島一郎(読み)キミジマイチロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

君島一郎 きみじま-いちろう

1887-1975 明治-昭和時代の銀行家,野球史研究家。
明治20年4月16日生まれ。明治45年日本銀行に入行。検査役,調査役,文書局長などをへて,昭和15年朝鮮銀行副総裁。22-26年公職追放。のち友邦協会会長。明治時代野球草創期の資料を集め,昭和47年「日本野球創世記」をあらわした。昭和50年4月25日死去。88歳。平成21年特別表彰で野球殿堂入り。栃木県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

君島一郎の関連情報