コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮銀行 ちょうせんぎんこう

6件 の用語解説(朝鮮銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮銀行
ちょうせんぎんこう

日本の朝鮮統治時代における特殊銀行。 1904年の日韓協約により日本の第一銀行京城支店が,大韓帝国における実質上の中央銀行の機能を果すようになったが,09年韓国の中央銀行として韓国銀行が設立され,第一銀行の韓国における業務は同行に継承された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうせん‐ぎんこう〔テウセンギンカウ〕【朝鮮銀行】

韓国併合時代の朝鮮における中央銀行。明治44年(1911)設立。日本の朝鮮および満蒙経営の金融的中心となった。昭和20年(1945)閉鎖。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

朝鮮銀行【ちょうせんぎんこう】

日韓併合後の1911年設立された朝鮮の中央銀行。1909年設立の韓国銀行を朝鮮銀行法に基づき改組したもの。日本の朝鮮統治の金融上の中心をなしたが,普通銀行としても活動し,後には満蒙,華北,華中にも進出。
→関連項目朝鮮総督府日本債券信用銀行[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんぎんこう【朝鮮銀行】

植民地時代の朝鮮の中央銀行。1911年の法令にもとづき,1909年に中央銀行として設立された韓国銀行をそのまま継承した銀行。韓国銀行は1905年に中央銀行的役割を担うようになった日本の第一銀行韓国支店の業務を継承して発足している。朝鮮銀行は日本の大蔵省の直接監督下におかれ,本店は京城(ソウル)にあったが重要事項はすべて東京で決定されていた。一般銀行業務のほか,中央銀行として発券業務や総督府財政の整備にあたり,また各種銀行の設立・整理統合にかかわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうせんぎんこう【朝鮮銀行】

日本統治下の朝鮮の中央銀行。1911年(明治44)設立。普通銀行としての任務のほか、銀行券発行の特権を有し、朝鮮・満州方面における金融活動の中心となった。1945年(昭和20)10月閉鎖。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝鮮銀行
ちょうせんぎんこう

韓国併合後の1911年(明治44)に朝鮮銀行法に基づいて設立された特殊銀行。朝鮮との修好条約(1876)後、第一国立銀行(のちに第一銀行)は朝鮮に進出、1888年までに釜山(ふざん/プサン)、元山(げんざん/ウォンサン)、仁川(じんせん/インチョン)、京城(現ソウル)にそれぞれ支店または出張所を開設し、営業を開始した。大韓帝国成立(1897)後は、海関税など韓国政府の出納事務取扱いのほか、混乱した韓国の通貨整理にあたり、1902年からは10円、5円、1円の銀行券を発行、韓国政府もこれを法貨として公認したので、同行は実質的に韓国中央銀行としての地位を得るに至った。この第一銀行の諸業務は、1909年7月の日韓政府協定により韓国の中央銀行として韓国銀行が設立されると、同行に引き継がれることとなった。1910年韓国併合が実現、韓国の日本植民地化が完成すると、1911年3月朝鮮銀行法が公布され、韓国銀行は朝鮮銀行と改称された。設立時の公称資本金1000万円、本店を京城に置き、朝鮮の中枢金融機関として日本銀行券を準備とする銀行券の発行、国庫事務の取扱いを行うとともに、普通銀行業務を併せ行った。日本の大陸進出とともに満州、華北、シベリアなどにも店舗を設け、広範な活動を展開したが、政治的活動と結び付いた営業のため、しばしば苦境にたち、大蔵省、日本銀行の後援による整理も数回に及んだ。第二次世界大戦後の1945年(昭和20)9月、GHQ(連合国最高司令部)によって閉鎖機関に指定された。[岡田和喜]
『第一銀行編・刊『韓国に於ける第一銀行』(1908) ▽大蔵省編『明治大正財政史 第16巻』(1938・財政経済学会) ▽第一銀行八十年史編纂室編『第一銀行史 上巻』(1957・第一銀行) ▽朝鮮銀行史編纂委員会編・刊『朝鮮銀行略史』(1960) ▽朝鮮銀行史研究会編『朝鮮銀行史』(1987・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の朝鮮銀行の言及

【銀行】より

…また1900年4月北海道拓殖銀行が北海道の開発金融機関として発足し,02年4月には日本興業銀行が長期工業金融を目的として開業した。そのほか植民地銀行として,1899年9月台湾銀行が開業し,09年10月韓国銀行(1911年8月朝鮮銀行に改称)が設立された。 第1次大戦の好況期に普通銀行は資金の充実を図り,大規模となった。…

【長期信用銀行】より

日本興業銀行日本長期信用銀行,日本債券信用銀行の3行があるが,それぞれ異なった沿革をもっている。同法により新設された日本長期信用銀行と,1902年設立の特殊銀行から移行した日本興業銀行の2行が52年当初から存在し,その後57年に,旧朝鮮銀行の残余財産を継承した日本不動産銀行(1977年10月に日本債券信用銀行と改称)が新設された。長期信用銀行が設けられた当時の目的は,同法1条によると,(1)長期金融の円滑化,(2)銀行業務の分化に伴う金融制度の整備,の二つにある。…

※「朝鮮銀行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝鮮銀行の関連キーワード円ブロックイングランド銀行(Bank Of England)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)委託介入ヨーロッパ中央銀行制度ライヒスバンク欧州中央銀行(ECB)満州中央銀行《アメリカ史の植民地時代》植民地銀行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝鮮銀行の関連情報