コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含鉄泉 ガンテツセン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

含鉄泉
がんてつせん

温鉱泉1キログラム中に10ミリグラム以上の鉄分Fe()+Fe()を含む温泉。Fe泉と表記する。以前は鉄泉とよばれていたが、1978年(昭和53)の鉱泉分析法の改定により含鉄泉となった。温鉱泉1キログラム中に20ミリグラム以上含むと療養泉となる。含鉄泉のうち硫酸塩を含むものは鉄()硫酸塩泉(緑礬(りょくばん)泉)という。鉄は主として炭酸水素塩として溶存し、含有成分により鉄()炭酸水素塩泉、鉄()・カルシウム(マグネシウム)炭酸水素塩泉などに分類する。日本の温泉の約1%を占め、浴用としてリウマチなど、また飲用として貧血の治療に用いる。湧出(ゆうしゅつ)後炭酸ガス(二酸化炭素)が放出されると炭酸鉄、含水酸化鉄を生成し赤褐色の沈殿物を生成する。群馬県伊香保(いかほ)温泉、兵庫県有馬(ありま)温泉などが代表的なものである。[綿抜邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

含鉄泉の関連情報