コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹切沢遺跡 ふっきりざわいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吹切沢遺跡
ふっきりざわいせき

青森県下北郡東通村にある縄文時代早期の遺跡。土器石器を出土したが,土器は砲弾形の尖底で,口縁下に刺突文を横走させ,胴部には貝殻の腹縁部を縦に押しつけた文様があり吹切沢式土器と呼ばれる。石器は石鏃石斧石錘などが出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吹切沢遺跡
ふっきりざわいせき

青森県下北(しもきた)郡東通(ひがしどおり)村野牛(のうし)に所在する縄文時代早期の遺跡。1949年(昭和24)に慶応義塾大学(江坂輝弥(えさかてるや))、50年に東亜考古学会が発掘調査を行い、炉跡を検出している。出土遺物に、砲弾形の尖底(せんてい)土器や擦切磨製石斧(すりきりませいせきふ)、局部磨製石斧、石槍(いしやり)、石鏃(せきぞく)、石錘(せきすい)などの石器がある。この遺跡から出土した土器を標式に、吹切沢式土器の名称が与えられている。吹切沢式土器は、貝殻腹縁圧痕文(かいがらふくえんあっこんもん)、貝殻条痕文、刺突文(しとつもん)、沈線文、絡条体(らくじょうたい)圧痕文などの文様を施文する深鉢形尖底土器である。[鈴木克彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吹切沢遺跡の関連キーワード青森県下北郡東通村

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android