コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹(き)流し フキナガシ

2件 の用語解説(吹(き)流しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふき‐ながし【吹(き)流し】

旗の一種。何枚かの細長い布を半円形または円形の輪に取り付け、長い竿の先端につけて立て、風になびかせたもの。特に、円形の輪に取り付けたものを吹き貫(ぬき)という。戦国時代末期から軍陣で用いられた。
端午の節句に立てる、1を模した幟(のぼり)。 夏》「雀らも海かけて飛べ―/波郷
輪に細長い円筒状の布を取り付け、さおの先端に掲げて風向を知るもの。飛行場などで用いる。
歌舞伎で、女の手ぬぐいのかぶり方の一。頭に広げてかぶせたまま両方に垂らしたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吹流し
ふきながし

広義の旗幟(きし)である。細長い、流れ旗の上端の旗上(はたがみ)(横手)を半月形や輪状にたわめて円筒状とした布を細く縦に切り裂いたり、吹貫(ふきぬ)きの袋状として、風を受け、はらんで、なびきはためくようにしたものである。戦国時代以来の意匠で、軍陣の旗幟として用いられ、種々の色に染め、また上辺に紋などをつけることもあった。近世の武具の書である『武用弁略』は、旗上(上辺部)が半月形のものを吹流し(野襖(のぶすま)、彎行(わんこう))とし、輪状のものを吹貫きと区別しているが、『日葡(にっぽ)辞書』では袋状のものを吹流しとしている。古くは区別しなかったものであろう。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吹(き)流しの言及

【鯉幟】より

…端午(たんご)の節供(5月5日)に男児の出世健康を願って立てる幟飾り。〈鯉の吹流し〉ともいう。江戸時代には菖蒲(しようぶ)(尚武)の節供として武家階級では家紋を記した旗指物(さしもの)や幟や吹流し(旗の一種。…

【旗指物】より

…(2)。(3)吹貫,吹流し 本来は矢戦などのための風見であったもの。円形,半円形の輪に色違いの布を先を縫合せず,長短好みに仕立てた。…

※「吹(き)流し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吹(き)流しの関連キーワード燕尾トーガ布晒し半円半輪風帯細長い蒲鉾兵舎ゴアスカートラング・ド・シャ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone