コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹絵 ふきえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吹絵
ふきえ

紙の装飾法の一種。紙の上に文様型紙を置き,筆に染料を含ませて上から息を強く吹きかけ,あるいは金網にこするなどして飛沫を飛ばし,ぼかし風の文様をつくったもの。正倉院料紙や,屏風地紙にこの手法がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふき‐え〔‐ヱ〕【吹(き)絵】

地紙の上に種々の形に切り抜いた型紙を置き、その上方から絵の具や墨などを含ませた筆に強く息を吹きかけて飛沫を散らし、型紙を取り去って絵や模様を表すもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

吹絵の関連キーワード捺染

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android