コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾宝宗璨 ごほう そうさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吾宝宗璨 ごほう-そうさん

1388-1457 室町時代の僧。
嘉慶(かきょう)2=元中5年4月8日生まれ。曹洞(そうとう)宗。永享元年相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺大綱明宗(だいこう-みょうしゅう)の法をつぐ。上杉氏の招きで伊豆(いず)田方郡(静岡県)最勝院をひらく。のち能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,最乗寺の住持となった。長禄(ちょうろく)元年10月6日死去。70歳。山城(京都府)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

吾宝宗璨 (ごほうそうさん)

生年月日:1388年4月8日
室町時代の曹洞宗の僧
1457年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

吾宝宗璨の関連キーワード南極寿星室町時代生年月日雲岫宗竜曹洞宗嘉慶宗璨

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android