コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉山堂玉成 ござんどう たまなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉山堂玉成 ござんどう-たまなり

1843-1898 明治時代の俳人。
天保(てんぽう)14年生まれ。江戸京橋の人。小森卓朗らに師事する。のち千住から下谷にうつり,居酒屋をいとなむ。門弟に大野洒竹(しゃちく)がいる。マッチ箱の商標ラベル(燐票(りんぴょう))の収集家としても知られた。明治31年5月19日死去。56歳。本名は安川平左衛門。
【格言など】涼しさやぽくり隠るる都鳥(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

呉山堂玉成の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ライト内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフアメリカ合衆国史(年表)豊田佐吉ガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android