コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉山堂玉成 ござんどう たまなり

1件 の用語解説(呉山堂玉成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉山堂玉成 ござんどう-たまなり

1843-1898 明治時代の俳人。
天保(てんぽう)14年生まれ。江戸京橋の人。小森卓朗らに師事する。のち千住から下谷にうつり,居酒屋をいとなむ。門弟に大野洒竹(しゃちく)がいる。マッチ箱の商標ラベル(燐票(りんぴょう))の収集家としても知られた。明治31年5月19日死去。56歳。本名は安川平左衛門。
【格言など】涼しさやぽくり隠るる都鳥(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

呉山堂玉成の関連キーワード社会小説小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革坪井航三観世銕之丞将棋図像学火成角礫岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone