コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野洒竹 おおの しゅちく

5件 の用語解説(大野洒竹の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大野洒竹

俳人・医者。熊本県生。名は豊太。東京帝大卒。佐佐醒雪らと筑波会を創立、尾崎紅葉らが秋声会を結成するとこれに加わり、正岡子規に対抗する一派を成した。俳書収集と俳句研究の功績が大きく、蔵書は洒竹文庫として東大図書館が所蔵している。医者としても高名。大正2年(1913)歿、42才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおの‐しゃちく〔おほの‐〕【大野洒竹】

[1872~1913]俳人・医師。熊本の生まれ。本名は豊太。明治27年(1894)佐々醒雪(さっさせいせつ)らと筑波会を起こす。古俳書の収集に努め、俳諧史に詳しかった。蔵書はのちに東大図書館に寄贈され「洒竹文庫」という。著「山崎宗鑑伝」「与謝蕪村」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野洒竹 おおの-しゃちく

1872-1913 明治時代の俳人。
明治5年11月19日生まれ。泌尿器科の医師。明治27年佐々醒雪(さっさ-せいせつ)らと筑波会を結成。俳書収集につとめ,蔵書約4000冊は洒竹文庫として東大総合図書館に所蔵されている。大正2年10月12日死去。42歳。熊本県出身。東京帝大卒。本名は豊太。著作は「与謝蕪村」「俳諧(はいかい)略史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おおのしゃちく【大野洒竹】

1872~1913) 俳人。熊本県生まれ。本名、豊太。東大卒。医業のかたわら句作、俳諧の研究、俳書の収集に尽くし、「俳諧文庫」の編集・校訂に従う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大野洒竹
おおのしゃちく
(1872―1913)

俳人。熊本県生まれ。本名豊太(とよた)。東京帝国大学医学部を卒業し、大野病院院長となった。中学時代より古俳書に興味をもち、秋声会(しゅうせいかい)に加わり、1896年(明治29)には佐々醒雪(さっさせいせつ)、笹川臨風(ささかわりんぷう)らと筑波会(つくばかい)を結成し、古俳諧(はいかい)研究に専心する一方、古俳書の収集にも努力して「天下の俳書の七分は我が手に帰せり」と豪語した。没後膨大なその蔵書は東大図書館に洒竹文庫として収蔵された。『俳諧史』(1899)、『与謝蕪村(よさぶそん)』(1902)その他、復刻編著が多い。
 荻(おぎ)の風獺(うそ)の夫婦の通りけり[村山古郷]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大野洒竹の関連キーワード佐野蓬宇浦香雨相羽仙夫岡田竜吟河田寄三小島文器岱阿松浦栄間宮宇山南南浪

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone