コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野洒竹 おおの しゅちく

美術人名辞典の解説

大野洒竹

俳人・医者。熊本県生。名は豊太。東京帝大卒。佐佐醒雪らと筑波会を創立、尾崎紅葉らが秋声会を結成するとこれに加わり、正岡子規に対抗する一派を成した。俳書収集と俳句研究の功績が大きく、蔵書は洒竹文庫として東大図書館が所蔵している。医者としても高名。大正2年(1913)歿、42才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおの‐しゃちく〔おほの‐〕【大野洒竹】

[1872~1913]俳人・医師。熊本の生まれ。本名は豊太。明治27年(1894)佐々醒雪(さっさせいせつ)らと筑波会を起こす。古俳書の収集に努め、俳諧史に詳しかった。蔵書はのちに東大図書館に寄贈され「洒竹文庫」という。著「山崎宗鑑伝」「与謝蕪村」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野洒竹 おおの-しゃちく

1872-1913 明治時代の俳人。
明治5年11月19日生まれ。泌尿器科の医師。明治27年佐々醒雪(さっさ-せいせつ)らと筑波会を結成。俳書収集につとめ,蔵書約4000冊は洒竹文庫として東大総合図書館に所蔵されている。大正2年10月12日死去。42歳。熊本県出身。東京帝大卒。本名は豊太。著作は「与謝蕪村」「俳諧(はいかい)略史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおのしゃちく【大野洒竹】

1872~1913) 俳人。熊本県生まれ。本名、豊太。東大卒。医業のかたわら句作、俳諧の研究、俳書の収集に尽くし、「俳諧文庫」の編集・校訂に従う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大野洒竹
おおのしゃちく
(1872―1913)

俳人。熊本県生まれ。本名豊太(とよた)。東京帝国大学医学部を卒業し、大野病院院長となった。中学時代より古俳書に興味をもち、秋声会(しゅうせいかい)に加わり、1896年(明治29)には佐々醒雪(さっさせいせつ)、笹川臨風(ささかわりんぷう)らと筑波会(つくばかい)を結成し、古俳諧(はいかい)研究に専心する一方、古俳書の収集にも努力して「天下の俳書の七分は我が手に帰せり」と豪語した。没後膨大なその蔵書は東大図書館に洒竹文庫として収蔵された。『俳諧史』(1899)、『与謝蕪村(よさぶそん)』(1902)その他、復刻編著が多い。
 荻(おぎ)の風獺(うそ)の夫婦の通りけり[村山古郷]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大野洒竹の関連キーワード呉山堂玉成村山古郷笹川臨風中山稲青明治時代藤井乙男俳諧文庫大野校訂医業

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android