コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都鳥 ミヤコドリ

デジタル大辞泉の解説

みやこ‐どり【都鳥】

チドリ目ミヤコドリ科の鳥。全長約45センチ。頭と背が黒色、腹が白く、足とくちばしが赤い。日本では迷鳥とされるが飛来記録は少なくなく、春秋や冬に海岸でみられ、二枚貝をこじあけて食べる。みやこしぎ。
ユリカモメ別名。古くから歌や物語に現れる。 冬》「嘴(くち)あかきあはれまづ見よ―/万太郎
ミヤコドリガイの別名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みやこどり【都鳥】

チドリ目ミヤコドリ科の水鳥。全長45センチメートルほど。頭と背面は黒色、腹面は白く、くちばしと脚が長く赤い。海岸で貝などを餌えさとする。シベリアなどで繁殖し、日本には旅鳥または冬鳥としてごく少数が渡来。
ユリカモメの雅称。 [季] 冬。 「名にし負はばいざこと問はむ-わが思ふ人はありやなしやと/伊勢 9
海産の巻貝。殻は楕円形で長径約12ミリメートル。低い笠形で、表面に放射肋ろくがある。淡褐色や橙黄色など。本州中部以南の沿岸に分布。
江戸時代の玩具。経木きようぎで小鳥の形に作り、糸をつけ振り回して遊ぶ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

都鳥 (ミヤコドリ)

学名:Haematopus ostralegus
動物。ミヤコドリ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

都鳥の関連キーワード蜻蛉館 姫丸(3代目)市川 猿蔵(2代目)杵屋勝三郎(2代)杵屋勝三郎(2世)蜻蛉館姫丸(3代)百合鴎・百合鷗言問ふ・事問ふ鈴木 真砂女都静館田鶴丸有りや無しや杵屋勝三郎都柳軒桐丸鈴木真砂女須田国太郎東京[都]都田舎賤丸名にし負う小早川茂平真鍋 儀十関西美術院

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都鳥の関連情報