告身(読み)こくしん

精選版 日本国語大辞典「告身」の解説

こく‐しん【告身】

〘名〙 叙位を記して天皇が被叙位者に交付する文書位記。辞令書。
※三代実録‐貞観元年(859)八月一六日「高向朝臣公輔、元名桑田麻呂、而叙位告身、注名公輔」 〔新唐書‐選挙志下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android