コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和らぐ ヤワラグ

2件 の用語解説(和らぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やわら・ぐ〔やはらぐ〕【和らぐ】

[動ガ五(四)]
程度のはなはだしかったものがおだやかな状態になる。しずまる。「暑さが―・ぐ」「痛みが―・ぐ」
堅苦しさやとげとげしさがなくなる。なごやかになる。「態度が―・ぐ」「表情が―・ぐ」
やわらかくなる。しなやかになる。
「あかぎれなどには、水がかかればことの外―・いでよいといふ」〈狂言記・皹〉
うちとけてむつまじくなる。
「今、この治まれる御代に随ひ、ともに―・ぎつつ」〈おらが春
[動ガ下二]やわらげる」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やわらぐ【和らぐ】

〔形容動詞「やはら」の動詞化〕
( 動五[四] )
激しさや厳しさが静まる。穏やかになる。 「寒さが-・ぐ」 「表情が-・ぐ」
打ち解ける。むつまじくなる。 「兄弟よろこび-・ぎて/日本書紀 顕宗訓
やわらかになる。 「水がかかれば殊の外-・いでよい/狂言記・皸」
( 動下二 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和らぐの関連キーワード幾許至って格段極度数多そきだく甚だしいぼろ世の

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和らぐの関連情報