コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和む ナゴム

5件 の用語解説(和むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なご・む【和む】

[動マ五(四)]気持ちなどがやわらいで落ち着く。なごやかになる。「すさんだ気分が―・む」
[動マ下二]気持ちなどをやわらげる。なごやかにする。
「さて腹だてなむ、なほ―・めさせおはしませ」〈落窪・二〉

のど・む【和む】

[動マ下二]
気持ちなどを落ち着かせる。やわらげる。静める。
「心―・めて、人遣(や)りならぬ闇に惑はむ道の光にもし侍らむ」〈・柏木〉
物事や動作を控えめにする。ゆるめる。
「このもののたまふ声を、少し―・めて聞かせ給へ」〈・常夏〉
時間をのばす。猶予する。
「限りある御命にて、この世尽き給ひぬとも、ただ、いましばし―・め給へ」〈・若菜下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なごむ【和む】

( 動五[四] )
気持ちがおだやかになる。なごやかになる。 「優しい笑顔に心が-・む」 「あら人神も-・むまで/後拾遺 雑三
( 動下二 )

にこむ【和む】

( 動四 )
なごむ。なごやかになる。 「天神地祇共に-・む/日本書紀 崇神訓

のどむ【和む】

( 動下二 )
心や気持ちをゆったりさせる。のどかにする。 「惑はれ侍る心をえ-・め侍らねば/源氏
動作が控えめに行われるようにする。 「その七夕の裁ち縫ふ方を-・めて、長き契りにぞあえまし/源氏 帚木
時日を延ばす。猶予する。 「限りある御命にて此の世尽き給ひぬとも、ただ今すこし-・め給へ/源氏 若菜下

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和むの関連キーワード思ひ鎮む思ひ和む尻を落ち着ける深呼吸休める押下げる押鎮める静める取鎮めるもて鎮む

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和むの関連情報