コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和世 ニコヨ

大辞林 第三版の解説

にこよ【和世】

6月および12月の大祓のとき、神祇官から天皇の贖物あがものとして奉る和栲にきたえの衣。 ↔ 荒世

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

和世 (ワセ)

植物。早期に種子の熟す稲の品種の類称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

和世の関連キーワードマウント・バーノン(アメリカ合衆国、ニューヨーク州)レキシントン(アメリカ合衆国、マサチューセッツ州)スプリングフィールド(アメリカ合衆国、ミズーリ州)ポーツマス(アメリカ合衆国、オハイオ州)スー・セント・マリー(アメリカ合衆国)クライマックス(アメリカ合衆国)アンダーソン(アメリカ合衆国)ウォーリック(アメリカ合衆国)サンタ・アナ(アメリカ合衆国)アナコンダ(アメリカ合衆国)レディング(アメリカ合衆国)ハミルトン(アメリカ合衆国)ウォーレン(アメリカ合衆国)フィッシャーマンズ・ワーフオーロラ(アメリカ合衆国)グレート・フォールズワシントン・スクエアイースト・ランシングビンガム・キャニオンセント・ジョーゼフ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和世の関連情報