コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

贖物 あがもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

贖物
あがもの

祓 (はらい) のとき,罪やけがれをあがなうために神に差出すもの。または身の災いを人形に負わせて水に流し,災いをはらうもの。または令制で,死罪以下の罪人が,罪をつぐなうためその軽重に応じて差出すをいう。律では「 10に対して銅1斥 (600g) とする」などと定められ,銅がなければ銭を時価に準じて出す規定であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あが‐もの【×贖物】

《「あかもの」とも》
祓(はら)えに用いる具。身のけがれや災厄を代わりに負わせて、川などに流す装身具や調度品。形代(かたしろ)。
罪をつぐなうために出す財物

しょく‐ぶつ【×贖物】

罪を償うために差し出す。あがないもの。ぞくぶつ。

ぞく‐ぶつ【×贖物】

しょくぶつ(贖物)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あがもの【贖物】

罪穢(つみけがれ)をい清めるときに,その代償として差し出す物品のこと。上代においては,罪穢はともに祓によって消滅すると考えられていたが,律令制度の確立後にはもっぱら罪は刑によって,穢は祓によって解除されると考えられるようになった。しかし,その後も罪穢は祓によって清められるという観念は依然として強く残った。6月,12月の晦日に行われる恒例の大祓(おおはらえ)の儀には,〈御贖(みあがもの)〉として〈鉄人像,金装横刀,五色薄絁,糸,安芸木綿,凡木綿,麻,庸布,御衣,袴,被,鍬,米,酒,鰒,堅魚,腊,海藻,塩,水盆,坩坏,,柏,小竹〉を使用したことが《延喜式》に見えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あがもの【贖物】

〔「あかもの」とも〕
はらえの際に、身のけがれや罪を代わりに負わせて川などに流す装身具や調度品。形代かたしろ
罪のつぐないとして出す財物。

しょくぶつ【贖物】

律令時代、稲・布・銅銭などを納付させて犯罪人に罪をあがなわせたこと。また、その物。

ぞくぶつ【贖物】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

贖物
あがもの

罪穢(つみけがれ)を祓(はら)い清めるために、その代償として差し出した物品をいう。法制が確立しなかった古代には、罪も穢も祓(はらえ)で解消すると考えられていた。のち法制が確立すると、罪は刑で償われ、穢は祓によって解消すると考えられるようになった。『延喜式(えんぎしき)』四時祭(しじさい)上の「御贖(みあが)」には、鉄人像(まがねのひとがた)、金装横刀(こがねづくりのたち)、五色薄(いついろのうすぎぬ)、糸、安芸木綿(あきのゆう)、凡木綿(おおしのゆう)、麻(あさ)、庸布(ちからしろのぬの)、御衣(みそ)、袴(はかま)、被(ふすま)、鍬(すき)、米、酒、鰒(あわび)、堅魚(かつお)(きたい)、海藻(め)、塩、水盆(みずひらか)、坩坏(かわしりつき)、匏(なりひさご)、柏(かしわ)、小竹(しの)などが記されている。御贖は毎年6月と12月の大祓(おおはらえ)や毎月晦日(みそか)の祓にも進上された。[沼部春友]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

贖物の関連キーワード大麻(神道)神道用語集律令時代つぐない撫物使装身具調度品災厄形代荒世銅銭和世

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android