コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和久宗是 わく そうぜ

2件 の用語解説(和久宗是の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和久宗是 わく-そうぜ

1535-1615 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)4年生まれ。三好氏,足利義昭,織田信長につかえ,豊臣秀吉の右筆(ゆうひつ)となる。のち伊達政宗(まさむね)の家臣。大坂冬の陣のとき伊達家を辞して大坂城にはいり,夏の陣の慶長20年5月7日討ち死に。81歳。通称は又兵衛。別号に自庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

和久宗是

没年:元和1.5.7(1615.6.3)
生年:天文4(1535)
安土桃山・江戸前期の武将。河合某の子。通称又兵衛。出家して自庵宗是と号した。三好氏の臣和久掃部頭の女婿となり,その家督を継いだ。はじめ三好氏,さらに足利義昭に仕え,織田信長に属した。信長死後豊臣秀吉に仕え,天正18(1590)年の小田原攻めのときは秀吉の使者として伊達政宗に小田原参陣を督促し,以後,政宗と密接なつながりを持ち,政宗の大坂方情報源となった。その縁で,秀吉死後は政宗に招かれてその家臣となり,陸奥黒川郡で2000石を与えられている。慶長19(1614)年,大坂冬の陣には「秀吉殿の恩に報いるときがきた」と伊達家を去って大坂城に入り,講和成立後もそのままとどまった。翌年,夏の陣がはじまると,自ら白衣を着て単騎東軍に突入し,壮絶な討死をとげた。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和久宗是の関連キーワード石川康長今城為親織田有楽佐久間正勝清韓文英牧興相山岡如軒酒井貞月弘尊安土桃山時代

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone