コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和倉[温泉] わくら

2件 の用語解説(和倉[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

和倉[温泉]【わくら】

石川県七尾市にある温泉。含塩化土類食塩泉。95℃。9世紀に発見,11世紀の地震で泉源が海中に移ったと伝える。江戸時代には運上銀を納め,はじめ手舟で入浴に向ったが,化政期には橋が架けられたという。
→関連項目七尾[市]能登半島国定公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わくら【和倉[温泉]】

石川県七尾市にある温泉。古くは涌浦(わくうら)と称した。含塩化土類食塩泉,95℃。七尾湾の西湾に突出した弁天岬の突端にあり,能登半島最大の規模をもち,海岸沿いに旅館が立ち並ぶ。薬師岳の湯谷にわいていた湯が,永承年間(1046‐53)の地震で出口が閉ざされたため海中に噴出し,その後囲い湯島として舟で通っていたといわれる。1880年海岸を埋め立てて陸続きとし,湯元を中心に温泉街が作られた。1963年ボーリングによって弁天崎公園に新しい泉源が発見され,湯量が豊富になったため旅館の増設が可能になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

和倉[温泉]の関連キーワード粟津温泉片山津温泉七尾湾湯村温泉和倉温泉いおりなかじまロマン峠能登食祭市場のとじまのとじま水族館

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone