コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和倉[温泉] わくら

百科事典マイペディアの解説

和倉[温泉]【わくら】

石川県七尾市にある温泉。含塩化土類食塩泉。95℃。9世紀に発見,11世紀の地震で泉源が海中に移ったと伝える。江戸時代には運上銀を納め,はじめ手舟で入浴に向ったが,化政期には橋が架けられたという。
→関連項目七尾[市]能登半島国定公園

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わくら【和倉[温泉]】

石川県七尾市にある温泉。古くは涌浦(わくうら)と称した。含塩化土類食塩泉,95℃。七尾湾の西湾に突出した弁天岬の突端にあり,能登半島最大の規模をもち,海岸沿いに旅館が立ち並ぶ。薬師岳湯谷にわいていた湯が,永承年間(1046‐53)の地震で出口が閉ざされたため海中に噴出し,その後囲い湯島として舟で通っていたといわれる。1880年海岸を埋め立てて陸続きとし,湯元を中心に温泉街が作られた。1963年ボーリングによって弁天崎公園に新しい泉源が発見され,湯量が豊富になったため旅館の増設が可能になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

和倉[温泉]の関連キーワード石川県七尾市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android