和倉[温泉](読み)わくら

百科事典マイペディア「和倉[温泉]」の解説

和倉[温泉]【わくら】

石川県七尾市にある温泉。含塩化土類食塩泉。95℃。9世紀に発見,11世紀の地震で泉源が海中に移ったと伝える。江戸時代には運上銀を納め,はじめ手で入浴に向ったが,化政期には橋が架けられたという。七尾湾に突出した弁天崎の先端にあり,前面に能登島が浮かぶ景勝地で,釣,海水浴にも好適。七尾線和倉温泉駅からバスが通じる。
→関連項目七尾[市]能登半島国定公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「和倉[温泉]」の解説

わくら【和倉[温泉]】

石川県七尾市にある温泉。古くは涌浦(わくうら)と称した。含塩化土類食塩泉,95℃。七尾湾の西湾に突出した弁天岬の突端にあり,能登半島最大の規模をもち,海岸沿いに旅館が立ち並ぶ。薬師岳の湯谷にわいていた湯が,永承年間(1046‐53)の地震で出口が閉ざされたため海中に噴出し,その後囲い湯島として舟で通っていたといわれる。1880年海岸を埋め立てて続きとし,湯元を中心に温泉街が作られた。1963年ボーリングによって弁天崎公園に新しい泉源が発見され,湯量が豊富になったため旅館の増設が可能になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android