和漢混淆文(読み)わかんこんこうぶん

百科事典マイペディア「和漢混淆文」の解説

和漢混淆文【わかんこんこうぶん】

日本語の文語体の一種。漢文訓読・変体漢文の語彙(ごい)語法と仮名日記物語など和文の語彙語法とが混用されて成り立った文体。《平家物語》など軍記物語が代表的。一般に漢字仮名交じりで書かれる。平安末より盛行,明治時代まで行われた。
→関連項目海道記漢文軍記今昔物語集太平記都賀庭鐘東関紀行英草紙保元物語読本

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「和漢混淆文」の解説

わかんこんこうぶん【和漢混淆文】

日本の文語体の文章様式の一つ。和文,漢文の両方の特色を合わせた文章。漢文や漢文の読下し文や和文と対立するもの。この用語は明治初期から用いられ,《古事類苑》は,推古朝の金文,《日本霊異記》《将門記(しようもんき)》《新猿楽記》《小右記》《吾妻鏡》《江談抄》《古事談》《新勅撰和歌集序》《古今著聞集》《保元物語》《平治物語》《源平盛衰記》などを実例としてあげるが,現代の一般的な理解としては,鎌倉時代以後のものをさし,《平家物語》の冒頭祇園精舎〉の段などがその典型といわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の和漢混淆文の言及

【文語体】より

…文語体は,さらに多くの種類にわかれる。和文,和歌の文,宣命(せんみよう)体,漢文訓読文,和漢混淆(こんこう)文,変体漢文,普通文など。これらのうち,和文以下変体漢文までは,平安時代にすでにその形が整っており,以後現代にまで引き続き行われたものである。…

※「和漢混淆文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android