コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和歌色葉 わかいろは

世界大百科事典 第2版の解説

わかいろは【和歌色葉】

鎌倉初期の歌論。上覚が1198年(建久9)に著し,顕昭の校閲を受けたのち後鳥羽院に献上。3巻から成り,上巻は和歌の由来や種類,秀歌論,歴代の撰集と重要歌人,異名や名所などといった歌人必須の知識を網羅し,中・下巻は《万葉集》から《堀河百首》までの難解な和歌205首を解釈する。《奥儀抄》や《和歌初学抄》に依拠する場合が多く独創性に乏しいが,当時の六条家周辺の歌人の歌論を知るうえで重要。【赤瀬 知子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

和歌色葉の関連キーワード散佚物語行慈

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android