和気宥雄(読み)わけ ゆうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気宥雄 わけ-ゆうおう

1842-1920 明治-大正時代の僧。
天保(てんぽう)13年生まれ。高野山でまなび,郷里讃岐(さぬき)(香川県)の道隆寺,大護寺の住職をつとめる。明治33年真言宗醍醐寺(だいごじ)座主(ざす)兼三宝院門跡(もんぜき),醍醐派管長となる。大僧正。大正9年5月29日死去。79歳。俗姓篠原。号は積水

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android