コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田常盛 わだ つねもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田常盛 わだ-つねもり

1172-1213 鎌倉時代の武将。
承安(じょうあん)2年生まれ。和田義盛(よしもり)の子。源頼家(よりいえ)・実朝(さねとも)2代の将軍に近侍した。弓の名手。和田一族に対する幕府の処置を不満として父義盛とともに挙兵し(和田氏の乱),敗れて甲斐(かい)(山梨県)にのがれ,建暦(けんりゃく)3年5月4日自害。42歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は小太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

和田常盛

没年:建保1.5.4(1213.5.25)
生年:承安2(1172)
鎌倉前期の武士。相模国(神奈川県)出身。義盛の嫡男。弓・相撲の名手で,源実朝近習兵衛尉・左衛門尉を歴任。建保1(1213)年の和田合戦で敗れて甲斐国に逃れるが,坂東山償原別所で自殺。

(高橋秀樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android