コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田朝盛 わだとももり

3件 の用語解説(和田朝盛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田朝盛
わだとももり

鎌倉時代の武士。父は常盛。文武両面に秀で,3代将軍源実朝の学問所に伺候し,実朝の和歌の会の常連の一人であった。建暦3 (1213) 年の和田合戦には祖父の和田義盛に属して奮戦したが,敗れて京都に逃走した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田朝盛 わだ-とももり

?-? 鎌倉時代の武将。
和田義盛(よしもり)の孫。将軍源実朝の家臣。北条義時と和田氏の対立のなか建暦(けんりゃく)3年(1213)出家したが,つれもどされ,和田氏の挙兵にくわわって敗れ京都にのがれた。承久(じょうきゅう)の乱では朝廷側に属して嘉禄(かろく)3年捕らえられた。通称は三郎,新兵衛尉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

和田朝盛

生年:生没年不詳
鎌倉前期の武士。相模国(神奈川県)出身。常盛の子。通称は三郎,新兵衛尉。将軍源頼家・実朝の近習として重用された。弓のほか和歌・蹴鞠にも優れ,建保1(1213)年には実朝の学問所番のひとりとなった。和田氏と北条氏との関係が悪化すると,敬愛する主君実朝と和田一族との板挟みとなり,苦慮して出家,実阿弥陀仏と号した。京都を目指したが,その器量を惜しむ和田義盛に連れ戻され,法体のまま和田合戦に加わった。和田氏が敗れると戦場から姿を消し,承久の乱(1221)では京方に加わっていたという。その後,安貞1(1227)年,京都で捕らえられた。

(高橋秀樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田朝盛の関連キーワード神奈川県相模原市南区磯部神奈川県海老名市神奈川県鎌倉市大船神奈川県鎌倉市鎌倉山神奈川県相模原市南区相模大野神奈川県相模原市緑区田名神奈川県相模原市緑区中野神奈川県相模原市緑区三井神奈川県相模原市緑区与瀬中村宗平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone