コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咳く シワブク

デジタル大辞泉の解説

しわ‐ぶ・く〔しは‐〕【×咳く】

[動カ五(四)]
せきをする。
「火燵(こたつ)の間に宮の―・く声して」〈紅葉金色夜叉
わざとせきをする。せきばらいをする。
「大夫(たいふ)妻戸をならして―・けば」〈若紫

せ・く【×咳く】

[動カ五(四)]《「塞く」と同語源》せきをする。せき払いをする。しわぶく。 冬》
「病人が―・くので」〈滝井・無限抱擁〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しわぶく【咳く】

( 動四 )
せきをする。 [季] 冬。 「裏の病架に-・く声/浄瑠璃・新版歌祭文」
せきばらいをする。 「大夫、つまどをならして-・けば/源氏 若紫」 〔「しは」は唇の意という〕

すわぶく【咳く】

( 動四 )
せきをする。しわぶく。 「 - ・きて翁や門をひらくらん(几董)/反古衾」

せく【咳く】

( 動五[四] )
〔「塞く」と同源〕
せきをする。 「 - ・イテネラレマセン/ヘボン」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

咳くの関連キーワード妻戸同源几董

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android