コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哀牢 あいろう Āi láo

2件 の用語解説(哀牢の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あいろう【哀牢 Āi láo】

中国,漢代に雲南省南西部地方に建国した西南夷の国。その種族についてはタイ語系諸族説とチベットビルマ語系諸族説に分かれている。始祖伝説によれば,牢山の婦人沙壱が魚とり中に竜の化身である沈木にさわって産んだ男子10人のうち,竜になめられた末子の九隆が選ばれて初代の王となったという。はじめ中国とは交渉をもたなかったが,47年(建武23),後漢と戦って敗れると内属し,その地には永昌郡が置かれた。【安田 二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哀牢
あいろう

中国、漢代の西南夷(い)の一種。その建国年代は紀元前2世紀の後半にさかのぼると思われる。紀元後47年哀牢国王賢栗(けんりつ)が後漢(ごかん)の軍隊に敗れ、51年には後漢に帰属した。69年明帝は、その地に哀牢、博南の2県を置き、益州郡西南都尉所領の6県とあわせて永昌郡に属させた(ほぼ雲南省の保山、永平2県の地にあたる)。哀牢の土地は肥沃(ひよく)で、五穀、蚕桑(さんそう)に適し、早くからインド、西アジアとも通交し、仏教も行われ、良質の綿布や綾錦(あやにしき)を産した。94年には大秦(たいしん)の使節が、97年と120年には(たん)国王の使節が、この地を経由して中国に至ったことは、哀牢(永昌郡)が1世紀末から2世紀初葉にかけて、中印交通の要衝であったことを示している。[陳 荊 和]
『藤田豊八著『東西交渉史の研究 南海篇』(1932・岡書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

哀牢の関連キーワード雲南省函谷関呉越南詔昆明池西魏都護

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone