コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐宋詩醇 とうそうしじゅんTang-song shi-chun

2件 の用語解説(唐宋詩醇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐宋詩醇
とうそうしじゅん
Tang-song shi-chun

中国の詩集。清の乾隆帝の勅命による梁詩正らの編。 47巻。乾隆 15 (1750) 年成立。唐,宋代の詩人中,李白杜甫白居易韓愈蘇軾 (そしょく) ,陸游の6人を選び,その詩から二千数百首をとって,各詩人ごとに総評を,各詩ごとに批評と諸家の短評を付して収録。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐宋詩醇
とうそうしじゅん

中国、清(しん)の乾隆(けんりゅう)帝が自ら編著したとされる唐宋詩の選集。47巻。1750年(乾隆15)完成。本書は網羅的に編んだものではなく、唐宋詩の精華ともいうべき6人の代表的作家の秀作を選び、詩人論と各個の作品評を加える。唐では李白(りはく)(八巻)、杜甫(とほ)(10巻)、白居易(はくきょい)(八巻)、韓愈(かんゆ)(五巻)、宋からは蘇軾(そしょく)(10巻)、陸游(りくゆう)(6巻)の2人が選ばれている。作品の選択はおおむね妥当であり、批評も優れるが、皇帝の御定になるだけ、忠君愛国の志をたたえたり、教訓性を重視しようとする傾きがある。『唐宋文醇』58巻(1738成立)と対をなす。[伊藤正文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone