コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐来三和 とうらいさんな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐来三和
とうらいさんな

[生]寛延2(1749).江戸?
[没]文化7(1810).1.25. 江戸?
江戸時代後期の戯作者,狂歌作者。本姓,加藤氏。狂名は初め質草少々。文化6 (1809) 年9月3日没ともいう。武家出身だが,書肆蔦屋重三郎方に食客となったのち,本所松井町の娼家に入り婿,和泉屋源蔵と称した。狂歌に親しみ,天明狂歌壇の一翼をになう一方,戯作者としても立ち,黄表紙で滑稽を描き,洒落本では黄表紙や狂歌の素地を発揮して奇抜な構想の異色作を発表した。主著,黄表紙『莫切自根金生木 (きるなのねからかねのなるき) 』 (1785) ,『天下一面鏡梅鉢』 (89) ,洒落本『三教色 (しき) 』 (83) ,『和唐珍解』 (85) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

唐来三和の関連キーワード丸山権太左衛門怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ゲーテ信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)ゲーテ源平布引滝佐竹義躬

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone