コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐牛東洲 かろうじ とうしゅう

1件 の用語解説(唐牛東洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唐牛東洲 かろうじ-とうしゅう

1759-1803 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦9年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。山崎蘭洲に師事し,江戸の昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。寛政8年藩校稽古(けいこ)館の創設に際し,津軽儼淵(げんえん)の指示をうけて学制をととのえた。享和3年死去。45歳。名は満春。字(あざな)は伯陽。通称は大六。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

唐牛東洲の関連キーワードナポリ王国森重都由ヘルダー教会合武三島流ハイドン(年譜)若宮丸漂流民ドゥーフ日道白粒岩延命院日道

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone