コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐皮/唐革 カラカワ

デジタル大辞泉の解説

から‐かわ〔‐かは〕【唐皮/唐革】

虎(とら)の毛皮。敷皮・尻鞘(しりざや)などに用いる。
虎の毛皮で威(おど)した平家重代の鎧(よろい)。
「重代の鎧―といふ着背長(きせなが)をば、唐櫃(からびつ)にいれて」〈平家・五〉
江戸時代、オランダから渡来した羊または鹿のなめし革。
「空より―の巾着(きんちゃく)舞ひ下がり」〈浮・禁短気・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

からかわ【唐皮】

とらの毛皮。敷皮・尻鞘しりざやなどに用いた。
平家に代々伝わる鎧よろいの名。虎の皮で縅おどしてある。
オランダ渡来の皮革。羊や鹿のなめしがわ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

唐皮/唐革の関連キーワード一宮(岡山市)なめし毛皮尻鞘皮革敷皮

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android