唐皮/唐革(読み)カラカワ

デジタル大辞泉の解説

から‐かわ〔‐かは〕【唐皮/唐革】

虎(とら)の毛皮。敷皮・尻鞘(しりざや)などに用いる。
虎の毛皮で威(おど)した平家重代の鎧(よろい)。
「重代の鎧―といふ着背長(きせなが)をば、唐櫃(からびつ)にいれて」〈平家・五〉
江戸時代、オランダから渡来した羊または鹿のなめし革。
「空より―の巾着(きんちゃく)舞ひ下がり」〈浮・禁短気・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からかわ【唐皮】

とらの毛皮。敷皮・尻鞘しりざやなどに用いた。
平家に代々伝わる鎧よろいの名。虎の皮で縅おどしてある。
オランダ渡来の皮革。羊や鹿のなめしがわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android