重代(読み)ジュウダイ

  • じゅうだい ヂュウ‥
  • じゅうだい〔ヂユウ〕

デジタル大辞泉の解説

先祖代々伝わっていること。また、そのもの。累代(るいだい)。「重代の家宝」「重代の田地」
先祖伝来の宝物。特に、刀剣をいう。
何代も代を重ねること。代々伝えること。
「初心を忘れずして、初心を―すべし」〈花鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 何代もかさねること。祖先から代々伝わること。また、そのもの。累代(るいだい)
※明衡往来(11C中か)中末「指非精兵。重代名物也。頗可一人当千歟」
※花鏡(1424)奥段「初心を忘れずして、初心を重代すべし」 〔謝荘‐上封禅儀註奏〕
② 祖先伝来の宝物。特に、太刀(たち)をいう。
※蔭凉軒日録‐長享三年(1489)正月晦日「名之曰鵜噬。昔彼先祖河猟之時、堕此刀於大河中、失却三年。後又使鵜時、鵜含此刀、自水底上。故名之。彼家重代也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android