コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄荷 ハッカ

デジタル大辞泉の解説

はっ‐か〔ハク‐〕【薄荷】


㋐シソ科の多年草。湿気のある所に生え、高さ20~60センチ。全体に芳香がある。茎は四角柱で、長楕円形の葉が対生する。8~10月、葉の付け根に淡紫色の唇形の小花が群がってつく。葉にはメントールが多く含まれ、薄荷油を採る。
㋑シソ科ハッカ属植物の一群。ヨーロッパ種のペパーミント西洋薄荷)・スペアミント(オランダ薄)など。東洋種のものより小形で、花穂が細長い。 花=秋》
薄荷脳」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

はっか【薄荷】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。薄荷葉(よう)ともいう。シソ科ハッカの葉を乾燥したもの。解熱清涼健胃止痒(しよう)発汗などの作用がある。慢性胃腸病神経症湿疹(しっしん)に効く柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)にきび、顔や頭の発疹(ほっしん)に効く清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)などに含まれる。またハッカの精油はメントールとはっか油に分離し、メントールは止痒(かゆみ止め)、鎮痛薬として外用の膏薬(こうやく)などに用いる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はっか【薄荷】

シソ科ハッカ属の植物の総称。ハッカ・ヒメハッカ・セイヨウハッカ(ペパーミント)など。独特の香りがある。ミント。
シソ科の多年草。湿った草地に自生。また香料や薬用とするため古くから栽培される。高さは約50センチメートル。葉は対生し、狭楕円形。8~10月、葉腋に淡紫紅色の小花を輪状につける。葉から薄荷油をとる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

薄荷 (ハッカ・バカ)

学名:Mentha arvensis var.piperascens
植物。シソ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

薄荷の関連キーワードチューシュン(楚雄)イ(彝)族自治州北見ハッカ記念館 薄荷蒸溜館複方ヨードグリセリン北海道北見市南仲町ハッカ(薄荷)油ハッカ(薄荷)田川 飛旅子佐藤亥三郎コッキングエッセンス福島 要一農産物検査荊芥連翹湯加味逍遙散セイボリー滋陰至宝湯川芎茶調散ルゴール液北見の薄荷薄荷パイプ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄荷の関連情報