コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄荷 ハッカ

3件 の用語解説(薄荷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はっ‐か〔ハク‐〕【薄荷】


㋐シソ科の多年草。湿気のある所に生え、高さ20~60センチ。全体に芳香がある。茎は四角柱で、長楕円形の葉が対生する。8~10月、葉の付け根に淡紫色の唇形の小花が群がってつく。葉にはメントールが多く含まれ、薄荷油を採る。
㋑シソ科ハッカ属植物の一群。ヨーロッパ種のペパーミント西洋薄荷)・スペアミントオランダ薄荷)など。東洋種のものより小形で、花穂が細長い。 花=秋》
薄荷脳」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

はっか【薄荷】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。薄荷葉(よう)ともいう。シソ科ハッカの葉を乾燥したもの。解熱清涼健胃止痒(しよう)発汗などの作用がある。慢性胃腸病神経症湿疹(しっしん)に効く柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)にきび、顔や頭の発疹(ほっしん)に効く清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)などに含まれる。またハッカの精油はメントールとはっか油に分離し、メントールは止痒(かゆみ止め)、鎮痛薬として外用の膏薬(こうやく)などに用いる。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はっか【薄荷】

シソ科ハッカ属の植物の総称。ハッカ・ヒメハッカ・セイヨウハッカ(ペパーミント)など。独特の香りがある。ミント。
シソ科の多年草。湿った草地に自生。また香料や薬用とするため古くから栽培される。高さは約50センチメートル。葉は対生し、狭楕円形。8~10月、葉腋に淡紫紅色の小花を輪状につける。葉から薄荷油をとる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薄荷の関連情報