コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善慶 ぜんけい

2件 の用語解説(善慶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善慶
ぜんけい

[生]建久8(1197)
[没]正嘉2(1258)
鎌倉時代後期に奈良で活躍した善派の仏師。大仏師法橋善慶。建長1 (1249) 年に増金,行西,盛舜らを率いて奈良,西大寺の『清涼寺釈迦如来像』,同7年に奈良,般若寺の『丈六文珠菩薩像』などを制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善慶 ぜんけい

1197-1258 鎌倉時代の仏師。
建久8年生まれ。奈良西大寺の叡尊(えいそん)に重用される。建長元年銘の西大寺の清凉寺式釈迦(しゃか)如来立像,奈良般若(はんにゃ)寺の文殊菩薩(もんじゅぼさつ)像,鎌倉極楽寺釈迦如来坐像などを制作。従来善円の子(もしくは弟子)とされてきたが,昭和58年善円と生年が一致することがわかり,両者の同一人説が有力となった。正嘉(しょうか)2年7月死去。62歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の善慶の言及

【善派】より

…鎌倉初期から中期にかけて奈良を中心に造像活動を行った仏師の一派。善円(生没年不詳),善慶(?‐1257)など善の一字を付した名の人物たちなのでこうよばれている。この一派は西大寺中興の叡尊と深い関係があったらしく,善円作の愛染明王像,善慶作の釈迦如来立像など西大寺の像は叡尊の発願で造立され,善慶の子善春(生没年不詳)は80歳の叡尊像(1280)を製作している。…

※「善慶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

善慶の関連キーワード定禅定慶阿円印勝海覚覚西康運幸有宗慶(1)隆円(4)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

善慶の関連情報