コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭・気管・気管支炎 こうとうきかんきかんしえん Laryngo-Tracheo-Bronchitis

1件 の用語解説(喉頭・気管・気管支炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こうとうきかんきかんしえん【喉頭・気管・気管支炎 Laryngo-Tracheo-Bronchitis】

[どんな病気か]
 いわゆるクループ(しわがれたせきと呼吸困難を特徴とする呼吸器の病気)というものの1つです。喉頭だけに炎症と痙縮(けいしゅく)(けいれんするように収縮する)がみられる急性痙縮性喉頭炎(きゅうせいけいしゅくせいこうとうえん)と症状が似ています。しかし、炎症は喉頭だけでなく、気管支にかけておこっています。ウイルス(数%がマイコプラズマ)が感染しておこります。
[症状]
 最初は、かぜの症状ですが、声がかれて「ケンケン」というような乾いたせきが出、息を吸うときにヒーという音がします。喉頭は声を出すところですから、声がれも特徴です。とくに夜にひどくなります。
 炎症が気管から気管支に広がってきますと、ほかの気管支炎と同じく、吸うときだけでなく、はくときも苦しくなり、息がたいへん速くなります。
 とくに1歳までの子どもは高い熱が出ることも多く、重症になることがあります。また、のどが真っ赤に腫(は)れるのは急性喉頭炎(きゅうせいこうとうえん)(「急性喉頭炎」)ですから、すぐに受診しなければなりません。
[治療]
 家ですることは、まず湿度を高めることです。加湿器があれば、加湿した空気を吸わせると楽になります。加湿器がなければ、風呂場(ふろば)の湿度の高い空気や外の冷たい空気を吸わせたり、氷を入れた冷たい水を口にふくませても効果があります。
 それでも苦しくて顔色も悪いようなら、すぐ受診しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

喉頭・気管・気管支炎の関連キーワードクループ性肺炎リトープス所謂仮性クループクループクループスカヤ何心地不死身フィードバックループバックループ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone