コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加湿器 カシツキ

百科事典マイペディアの解説

加湿器【かしつき】

居室の乾燥を防ぎ,適度な湿度を保つための器具。漆などの保管のために使用する小型のものもある。近年普及した温風ヒーターは燃焼ガス,水蒸気を強制的に室外に放出してしまうため,加湿器の需要が高まった。湯をわかして蒸気を出すスチーム式,遠心力水滴を噴霧する遠心噴霧式,超音波震動で霧をおこしてファンで吹きあげる超音波式,フィルターに吸水させてファンで蒸発させるフィルター気化式があるが,現在は超音波式が主流

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしつき【加湿器 humidifier】

室内の空気の乾燥によって生ずる,人の肌,のど,鼻の粘膜のかわきや家具,建具などの水分蒸発を防ぐために,空中に水分を放散させる器具。従来の開放型暖房器具は燃焼ガスとともに水蒸気も室内に放出するが,最近普及しつつある温風ヒーターは強制的に燃焼ガス,水蒸気を室外に放出してしまうため,加湿器の需要が高まった。加湿方式には,湯をわかして蒸気を出すスチーム式,遠心力で水滴を噴霧する遠心噴霧式,超音波の振動により霧をおこしファンでふき上げる超音波式,フィルターに吸水させファンにより蒸発させるフィルター気化式の4タイプがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かしつき【加湿器】

室内の湿度を保って乾燥を防ぐための電気器具。一般家庭向けのものには、水を加熱して蒸気を放出するスチーム式、水を微細な粒子にして放出する超音波式、水を含んだスポンジ状のフィルターなどに空気を通す気化式などがある。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加湿器
かしつき

室内の乾燥を防ぎ、湿度を適正に保つための電化器具。暖房器を使う場合、温風暖房器などの一部のものは、室内の空気を汚さないという長所がある。しかし、同時に空気が乾燥し、湿度が低下する欠点ももっている。室内の適正湿度は45~65%(相対湿度)といわれ、いわゆる空気を汚さないクリーンなヒーターの場合、暖房器のほかに加湿器も必要となる(ガスや石油を燃焼させるストーブの場合は、炭化水素の燃焼によって水分が発生する)。加湿器には、加湿方法によって次のような種類がある。
(1)気化式加湿器(フィルター気化式) ファンモーターで、水を含んだフィルターに空気を通過させ、湿気を含んだ空気として放出する。室内湿度が低いと加湿量が多く、高いと少なく、自然に加湿量がコントロールされる。
(2)超音波式加湿器 振動子により水中に超音波を発生させ、水を数マイクロメートルの霧状にしてファンモーターで放出する。
(3)遠心噴霧式加湿器(噴霧式) 水を遠心力によって霧状に細かくし、ファンモーターで空気と混合させて放出する。
(4)電熱式加湿器(ヒーター加熱式) 電気ヒーターで水を沸騰させ、蒸気として放出する。他の加湿方式に比べ消費電力が多い。
(5)電極式加湿器 電極を水中に入れ、水中を流れる電流のジュール熱を利用し加熱沸騰させる方式で、熱い蒸気を発生させる。
 電熱式や電極式は、容器や電極に含まれているカルシウムなどの蒸発後の残渣(ざんさ)が付着することがあり、たびたび掃除をしなければならない。また、新しい水に交換することがたいせつである。他の加湿方式は、空気を循環させるので、ときどき吸込口フィルターを掃除する必要がある。[須田 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加湿器の関連情報