コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭乳頭腫 こうとうにゅうとうしゅLaryngeal Papilloma

家庭医学館の解説

こうとうにゅうとうしゅ【喉頭乳頭腫 Laryngeal Papilloma】

[どんな病気か]
 喉頭には、良性腫瘍りょうせいしゅよう)の発生はほとんどみられませんが、比較的多くみられるのがこの喉頭乳頭腫です。喉頭のあらゆるところに生じますが声帯が好発部位です。
 また、気管にまで進展することもあって、病理学的には確かに良性でも、気道を塞(ふさ)ぐ(気道狭窄(きどうきょうさく))という意味では臨床的に悪性です。
 臨床的悪性といわれるもう1つの理由に、再発性があります。この病気の治療は手術が中心ですが、数回の手術はあたりまえで、なかには100回を超える手術を受けた人もいます。したがって、幼児期に発症すると、成人になるまでお付き合いせざるを得ない場合もあります。また、成人の場合は悪性化(4%)することもあります。
[原因]
 HPV(ヒトパピローマウイルス)がほとんどの症例で見つかるので、このウイルスによる一種の感染症であろうといわれています。このウイルスは尖圭(せんけい)コンジローマ(「尖圭コンジローマ(女性の)」)の原因ともなるもので、生まれた直後の赤ちゃん乳幼児に喉頭乳頭腫が発見された場合は、母親の尖圭コンジローマの有無を調査する必要があります。産道感染(さんどうかんせん)(垂直感染)の疑いがあるからです。それ以外に人から人へと感染することはないようです。
[検査と診断]
 内視鏡検査と病理学的検索が有力です。まず内視鏡検査では、良好な画質が得られるファイバースコープと拡大視可能なテレビモニターが望まれます。常にほかの腫瘍やがんなどとの鑑別が必要で、良好な画面であれば95%以上の確率で、見るだけでも診断可能だからです。
 腫瘍はあたかも乳頭の集合のように見える特徴のあるものです。がんなどの疑いがあれば、即座に治療用喉頭ファイバースコープで組織を採取するか、喉頭顕微鏡下の精査が行なわれます。
[治療]
 CO2レーザーやYAG、KTPなどの喉頭内視鏡下レーザー手術が基本で、発見された時点ですぐに手術することが望まれます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報