コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭軟弱症 こうとうなんじゃくしょうLaryngomalacia

家庭医学館の解説

こうとうなんじゃくしょう【喉頭軟弱症 Laryngomalacia】

[どんな病気か]
 赤ちゃんの喉頭の軟骨(なんこつ)がやわらかすぎるために、空気を吸うときに軟骨がぺたんとつぶれて狭くなり、空気が吸えなくなって呼吸困難をおこす病気です。
[症状]
 息を吸う際に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった音(喘鳴(ぜんめい))がし、呼吸のたびにのどや胸がへこみます(陥没呼吸(かんぼつこきゅう))。
 呼吸が苦しいためにミルクが十分に飲めなくなり、体重が増加しなくなります。
[治療]
 ファイバースコープで喉頭を観察すると、喉頭蓋(こうとうがい)、披裂部(ひれつぶ)、喉頭披裂ひだといった喉頭の軟骨が、空気を吸うときに気管に引き込まれるのがわかります。
 先天性の病気ですが、多くの場合、成長とともに6か月から1年で自然によくなります。
 呼吸困難の程度と哺乳(ほにゅう)ができるかどうかが、入院の指標になります。
 ミルクの飲みがよくて、体重増加がみられれば、家庭で看護することが可能です。
 呼吸困難の程度が重症で、陥没呼吸があり、ミルクが飲めない場合は入院します。病院では、上体を高くして腹臥位(ふくがい)にし、酸素投与を行なったうえで、鼻からチューブを入れてミルクを注入するなどの治療が行なわれます。
 それでも、成長とともにしだいによくなります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

喉頭軟弱症の関連キーワード先天性喘鳴(先天性喉頭喘鳴)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android