コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭軟弱症 こうとうなんじゃくしょう Laryngomalacia

1件 の用語解説(喉頭軟弱症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こうとうなんじゃくしょう【喉頭軟弱症 Laryngomalacia】

[どんな病気か]
 赤ちゃんの喉頭の軟骨(なんこつ)がやわらかすぎるために、空気を吸うときに軟骨がぺたんとつぶれて狭くなり、空気が吸えなくなって呼吸困難をおこす病気です。
[症状]
 息を吸う際に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった音(喘鳴(ぜんめい))がし、呼吸のたびにのどや胸がへこみます(陥没呼吸(かんぼつこきゅう))。
 呼吸が苦しいためにミルクが十分に飲めなくなり、体重が増加しなくなります。
[治療]
 ファイバースコープで喉頭を観察すると、喉頭蓋(こうとうがい)、披裂部(ひれつぶ)、喉頭披裂ひだといった喉頭の軟骨が、空気を吸うときに気管に引き込まれるのがわかります。
 先天性の病気ですが、多くの場合、成長とともに6か月から1年で自然によくなります。
 呼吸困難の程度と哺乳(ほにゅう)ができるかどうかが、入院の指標になります。
 ミルクの飲みがよくて、体重増加がみられれば、家庭で看護することが可能です。
 呼吸困難の程度が重症で、陥没呼吸があり、ミルクが飲めない場合は入院します。病院では、上体を高くして腹臥位(ふくがい)にし、酸素投与を行なったうえで、鼻からチューブを入れてミルクを注入するなどの治療が行なわれます。
 それでも、成長とともにしだいによくなります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

喉頭軟弱症の関連キーワード誤飲喉頭炎喉頭蓋赤ちゃんどんちゃん騒ぎ何心地赤ちゃん言葉喉頭結節小っちゃい

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone