コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜撰式 キセンシキ

デジタル大辞泉の解説

きせんしき【喜撰式】

平安時代の歌学書。1巻。喜撰の著と伝えるが未詳。仁和年間(885~889)の成立とも。和歌の病、分類などを論じる。倭歌作式(わかさくしき)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きせんしき【喜撰式】

歌学書。《和歌作式》ともいう。成立年代不詳。平安中期の作か。喜撰法師作というが根拠はない。和歌四式(他に《歌経標式》《孫姫(ひこひめ)式》《石見女(いわみのめ)式》)の一つとして古来尊重された。最後の神世異名の部は枕詞の論として初期の重要なものであるが,それ以外特に見るべきものはない。平安時代の後期には真偽の両本が伝存し,極度に混乱していたが,《歌学大系》において,初めて整理された形で翻刻された。【奥村 恒哉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きせんしき【喜撰式】

歌学書。一巻。喜撰著と伝えるが未詳。古今集以前の成立か。和歌の起源、歌病・畳句・連句・長歌・混本歌・八階・神世異名などを論じた書。和歌四式の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

喜撰式の関連キーワード混本歌六歌仙歌病連句一巻畳句長歌狂歌

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android