コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和歌四式 わかししき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和歌四式
わかししき

歌経標式』『喜撰式』『孫姫 (ひこひめ) 式』『石見女 (いわみのじょ) 式』の4つの歌学書を一括していう呼称。四家式とも呼ばれる。「式」は歌病 (うたのやまい) や歌体など和歌の規則や作法を記したものの意。四家式の名は鎌倉時代の『八雲御抄』などにみえ,奈良時代末期から平安時代初期にかけて成立したものとされていたが,藤原浜成著の『歌経標式』の宝亀3 (772) 年成立が明確であるほかは信頼しがたく,平安中期以後成立のものも入っているようである。その説は六条家歌学などに摂取され,歌合の判詞などにも採用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

わかししき【和歌四式】

奈良・平安時代の四つの歌学書「歌経標式」「喜撰式」「孫姫ひこひめ式」の和歌三式と「石見女いわみのじよ式」の総称。四家式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和歌四式
わかししき

平安時代の歌学書とされていた『歌経標式(かきょうひょうしき)』(浜成(はまなり)式)、『倭歌(わか)作式』(喜撰(きせん)式)、『和歌式』(孫姫(ひこひめ)式)、『石見女(いわみのじょ)式』の総称。ただし現存の『石見女式』は鎌倉末期以降成立の偽作と認められる。鎌倉初期成立の『八雲御抄(やくもみしょう)』が四書を「四家式」としてまとめたのが、四書を四式として扱った初見である。『歌経標式』は宝亀(ほうき)3年(772)藤原浜成撰(せん)で、日本最初の歌学書であり、七病(「頭尾」「胸尾」「腰尾」「黶子(えんし)」「遊風」「同声韻」「遍身」)と三つの歌体(「求韻」「査体」「雑体」)の説明をしている。『倭歌作式』は『喜撰式』ともよばれるが、現存本は真作で、現在『新撰和歌髄脳』と称されているのが、平安末期に一部の人には信じられていた偽作であろうと推定されている。四病、畳句、連句、長歌、混本歌、八階(詠物など)、八十八物(異名をあげる)、二十六種(同上)の説明を内容とする。現存本(真作)には若干不審の点もあるが、『古今集』作者の喜撰作は信じがたいものの10世紀後半ころの成立と認められている。『和歌式』は『孫姫式』の名で知られ、八病および長歌の説明を内容とし、その八病は歌合(うたあわせ)批評などにしばしば取り上げられている。成立は円融(えんゆう)朝(10世紀後半)ころかと推定されている。『石見女式』は四病の説明から始まるが、以下に鎌倉末期以降の宗教的付会説が続き、平安時代のものではない。なお、平安時代に『安部清行(あべのきよゆき)和歌式』があったことが『袋草紙(ふくろぞうし)』『八雲御抄』に伝えられている。[藤平春男]
『佐佐木信綱編『日本歌学大系1』(1957・風間書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の和歌四式の言及

【喜撰式】より

…喜撰法師作というが根拠はない。和歌四式(他に《歌経標式》《孫姫(ひこひめ)式》《石見女(いわみのめ)式》)の一つとして古来尊重された。最後の神世異名の部は枕詞の論として初期の重要なものであるが,それ以外特に見るべきものはない。…

※「和歌四式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

和歌四式の関連キーワード孫姫式四つ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android