コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜田村正次 きたむら しょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜田村正次 きたむら-しょうじ

1915-2003 昭和-平成時代の公衆衛生学者。
大正4年8月21日生まれ。昭和29年熊本大教授,35年神戸医大(現神戸大)教授となり,54年神戸学院大教授。熊本大では水俣病を研究し,アセトアルデヒドの製造工程で病気の原因物質のメチル水銀が副生することを証明した。イタイイタイ病の調査にもかかわる。平成15年1月3日死去。87歳。京都出身。京都帝大卒。著作に「水銀」(共著)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜田村正次の関連キーワード入鹿山且朗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android